インプラント

Home > 治療のご案内 > インプラント

天然歯に最も近いインプラント

インプラントは、「第2の永久歯」といわれるほど、機能的にも見た目的にも天然の歯にもっとも近く、最近インプラント治療を受ける方が急速に増えている傾向にあります。
従来のブリッジや入れ歯では難しかった、自分の歯と同じように「噛む感覚」を取り戻すことができます。
丁寧な歯磨きによって、長期間の使用が可能です。

ただし、インプラントも天然歯には勝てません。
天然歯を維持することが何よりも大事ですので、「歯がなくなったらインプラントすればよい」などと考えずに、日ごろからしっかりと歯磨きや定期検査を行ってください。

歯周病

  • 歯を失ってしまった

    歯を失ってしまった

    事故・虫歯・歯周病などで大切な歯(天然歯)を失った場合に。

  • あごの骨に人工的な歯根を埋め込みます

    あごの骨に人工的な歯根を埋め込みます

    手術によって顎の骨に「人工的な歯根(インプラント)」を埋め込みます。

  • 人工的な歯根に人工的な歯をかぶせます

    人工的な歯根に人工的な歯をかぶせます

    その上に「人工的な歯(歯冠)」をかぶせることで再び噛めるようになります。

  • 「噛む感覚」を取り戻せます

    「噛む感覚」を取り戻せます

    顎の骨とインプラントがしっかりと結合するために、自分の歯と同じように「噛む感覚」を取り戻すことができます。

他の治療方法との比較

インプラント ブリッジ 部分入れ歯 総入れ歯
イメージ インプラント ブリッジ 部分入れ歯 総入れ歯
説明 歯の根の代わりになるチタンの棒を骨に埋め込み、その上に歯をかぶせていく方法 失った歯の両側の歯を削り、冠を橋渡しすることによって失った歯を補う方法 失った歯の周囲の歯に金属の留め金を付けて、取り外し可能な人工の歯を留める方法 取り外し可能な人工の歯を顎の上に乗せる方法
硬いものが
噛める
違和感が
ない
×
見た目
特徴
  • 顎の骨に固定されているので自分の歯と同じように食べることができる
  • 周囲の歯に負担をかけない
  • 簡単な手術が必要
  • 固定式のため違和感があまりない
  • 両側の健康な歯を削らなければならない
  • 周囲の歯に負担をかける
  • 歯をあまり削らずにすむ
  • 食べ物が詰まりやすく、虫歯や口臭の原因になりやすい
  • 周囲の歯に負担をかける
  • 簡便である
  • 入れ歯がぐらついたり、ずれたりする
  • 食べ物が入れ歯と歯ぐきの間にはさまり、痛むことがある

治療の流れ

  • 1診査・診断

    レントゲン撮影

    インプラントを埋め込みたい所のアゴの形や噛み合わせを診査するため、お口の中の型をとります。

    顎の骨の量や質を検査するためレントゲン撮影、
    またはCT撮影を行います。

  • 2手術

    手術

    麻酔をかけて行いますので痛みはありません。
    骨を削りインプラントを埋め込み、蓋を取り付けて粘膜を縫合します。
    骨の状態などによって、術式が異なります。

    当院は、基本的に1回法で手術を行っております。

    1回法の場合

    1回法の手術の場合は、大きめの蓋を取り付け、
    お口の中にその蓋が見えるようにして手術を終了します。

  • 3最終的な歯の装着

    最終的な歯の装着

    インプラントの手術のあと、インプラントと骨が結合するのを待ちます。
    結合すれば、最終的な歯を作成します。

    作成した歯を装着し、治療が完了します。

  • 4メンテナンス

    メンテナンス

    インプラントは虫歯にはなりませんが、歯周病になる可能性があるので、 治療が終った後も、定期検診をしながらきちんと管理していきましょう

当院で使用しているインプラントの種類

従来のブリッジや部分入れ歯(取り外しの義歯)と違い、周囲の歯を痛めることがありませんし、噛む力も天然歯と同じ程度に回復します。

インプラントの種類特徴
ストローマン
ストローマン
スイスの精密な技術と徹底した品質管理のもとに作られており、ストローマンインプラント体埋入5年後の平均生存率は98.8%です。埋入10年後の生存率も同等の結果が報告されています。
ストローマン社製のインプラントについて
  • ストローマン社は、世界のインプラント市場でナンバー1のシェアを持つインプラントメーカーです。
  • ストローマンは精密機械産業が盛んなスイスのバーゼルに本社があり、今では世界70か国以上に歯科用インプラント関連製品を提供しているグローバル企業です。
  • 50年にわたる研究開発と充実した検査体制のもと、世界で活動する非営利学術組織とのパートナーシップにより、学術的に裏付けのある製品を提供しています。
  • ストローマンインプラントは、埋入後の5年、10年という長期にわたる安定性が多くの研究により報告されています。
  • 世界で500万人以上の患者さんがストローマンインプラントによる治療を受け、患者さんの生活の質の向上に貢献しています。

インプラント上部構造の種類の詳細はこちら

症例

39歳の男性会社員

歯が割れたために、歯を抜くことになりました。

術前レントゲン

術前写真

抜歯後

抜歯後レントゲン

インプラント埋入後

インプラント埋入後レントゲン

術後

インプラントのメリット・デメリットをよく理解の上、インプラント治療を希望されたので、右下にインプラントを埋入しました。患者さんはよく咬めるようになり、大変満足されています。

術後レントゲン

術後写真

FAQ

インプラントができない人はいますか?
以下の方はインプラント治療ができません。
  • 顎の骨の成長が終っていない年齢の方
  • 歯磨きなど日常の清掃が充分にできない方
  • チタンへのアレルギーを持っている方
  • アルコール依存症の方
  • 長期間、骨粗しょう症治療薬(BP製剤)を服用されている方
痛みはありますか?
手術中は麻酔をしっかりとかけますので、痛みはほとんど感じません。
また、お口の中は体の他の部分と比べると、治りやすい部分でもあります。
実際に手術をされた患者様の感想は、思ったよりも楽だったというものがほとんどです。
費用はどれくらいかかりますか?
症状や治療の内容により費用は異なりますので歯科医師にご相談ください。
インプラント治療には健康保険が適用されませんが、医療費控除の対象になることもあります。
インプラントはどれくらいもちますか?
当院で使用するストローマンインプラントは、埋入後の5年、10年という長期にわたる安定性が多くの研究により報告されています。
手術後気をつけることはありますか?
歯科医師による定期検診とご自身による毎日のケアが必要となります。
きちんとしたメンテナンスを継続することによって、インプラントを長く快適に使っていくことができます。
インプラントに興味はあるのですが、「手術」と聞いて不安になりました。
安全な手術でしょうか?
インプラントに用いられる材料や手術方法は、技術の進歩により改良されてきました。
手術を行う歯科医師は、インプラントに関連した幅広い知識と技術を修得しています。
経験を重ねた歯科医師であれば、十分に安全で安心して治療を受けていただけます。

その他の治療はこちら

© 2015 Kusunose Dental Clinic