クスノセ歯科BLOG

Home > クスノセ歯科BLOG > 入れ歯とのつきあい方・・・③

  • 入れ歯とのつきあい方・・・③

    中・高年期, 入れ歯, 加齢

    8月です、セミの声が特にうるさく感じる季節です、熱帯のような暑い日がつづきますが、みなさまお元気でしょうか?

    この時期は無理をせず、熱中症に気をつけていきましょう。

     

    今回も入れ歯についての、つづきです。

     

    一日中入れ歯を入れたままにしておくと入れ歯の下顎の土手を痛めてしまいます。一日に何時間かは入れ歯を外す時間をつくりましょう。寝るときに外す場合は多いですが、人によっては残っている歯や顎の土手を痛めてしまう場合があります。いつ外すかは、歯科医師と相談してください。外した入れ歯は水を入れたフタ付きの容器に保管してください。

    外した入れ歯をティッシュペーパーにくるんでおいておくと、ゴミと間違えられて捨てられてしまうことがあります。

    入れ歯を入れて痛いときは、我慢せずに外して歯科医師に連絡してください。

    入れ歯の痛みは我慢していてもよくなりません。自分で削ったり留め金をいじったりしないでください。

     

    また、入れ歯が壊れたときは、あきらめて捨ててしまわずに歯科医師のところへ持っていってください。

    多くの場合で修理が可能です。入れ歯で何かあれはご自分で判断せず、まず当院にご相談ください。

     

    ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
    阪神尼崎駅から徒歩10分
    尼崎市の歯科医院小児・一般・歯周病・インプラント・矯正・審美など、
    どんな悩みも気兼ねなく相談いただける歯科医院です。

    クスノセ歯科

    〒660-0892
    兵庫県尼崎市東難波町5-2-16
    TEL:06-6481-2181
    URL:https://www.kusunose-dental.com
    ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

© 2015 Kusunose Dental Clinic