クスノセ歯科BLOG

Home > クスノセ歯科BLOG > 良い歯並びは子供の頃に作られる!…③

  • 良い歯並びは子供の頃に作られる!…③

    子ども, 小児歯科, 歯並びについて, 歯列矯正

    3月です。春は近づいているようですが、まだ少し寒いですよね。この時期油断して風邪をひかないようにまだまだご注意ください。

     

    さて子供の歯並びについての続きです。

     

    ●固いものを噛むと歯並びに良いの?

     

    よく噛むことは消化に良いばかりでなく、口の周りの筋肉を鍛え、歯並びにも良いと考えられています。固いものを多く食べていた古代人は現代人に比べてアゴがしっかりしていました。古代人のように固いものを食べることは現代人では困難ですが、口の中で、左右それぞれ20回づつ噛むことがえきれば理想的だと思います。

     

    ●歯並びの治療開始時期はいつ頃?

     

    受け口(反対咬合)は、早めに初期治療を受けることをお勧めします。最近では、3歳の頃から使える治療器具(ムーシールド)もあります。他の歯並びの問題は7歳ころをめどに、一度診察を受けたほうが良いでしょう。

    歯の数の異常や、上くちびるの中央にある小帯と呼ばれる部分が、歯並びに影響を与えることがあります。いずれにしても、歯並びは親子で顔かたちがにるように、同じ傾向をたどることがあります。定期検診を続け、時期を逃さず治療を開始することが望ましいと考えます。

     

     

    お子さまの歯並びで気になることがあれば、お気軽に当院にご相談ください。

     

    ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
    阪神尼崎駅から徒歩10分
    尼崎市の歯科医院小児・一般・歯周病・インプラント・矯正・審美など、
    どんな悩みも気兼ねなく相談いただける歯科医院です。

    クスノセ歯科

    〒660-0892
    兵庫県尼崎市東難波町5-2-16
    TEL:06-6481-2181
    URL:https://www.kusunose-dental.com
    ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

© 2015 Kusunose Dental Clinic