クスノセ歯科BLOG

Home > クスノセ歯科BLOG > プラークと全身の病気について

  • プラークと全身の病気について

    プラーク, 歯周病, 青年期

    お盆も明けて、8月も後半です。まだまだ暑さが続きます。コロナもまだまだ続いています。去年の今頃は1年後にはコロナ禍が完全におさまって、楽しい夏休みを想像していた方も多かったはずです、残念ですね。でもワクチンで終息は近いと思います、前向きに毎日を乗り切っていきましょう。

     

     

    さて今回はプラークと全身の病気について、お話しましょう。

    口の中の手入れをしないと、プラークと呼ばれる細菌やその細菌が出したものの塊が増えてきて、歯周病になることはよく知られています。しかしこのプラークや歯周病が全身に悪影響をもたらすことは、あまり知られていません。

     

     

    プラークの中の細菌は、毒素を出すことで歯ぐきを腫れさせたり、歯を支えている顎の骨を溶かすだけでなく、腫れた歯ぐきから菌が体の中に入り込んだり、炎症を引き起こす物質を出すことにより、全身にもさまざまな影響を及ぼします。

     

     

    歯や歯茎のメンテナンスがとても大事です。

     

    当院では優秀な歯科衛生士がそろっております。大切な歯のために定期的にお口のメンテナンスを実行しましよう。

    ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
    阪神尼崎駅から徒歩10分
    尼崎市の歯科医院小児・一般・歯周病・インプラント・矯正・審美など、
    どんな悩みも気兼ねなく相談いただける歯科医院です。

    クスノセ歯科

    〒660-0892
    兵庫県尼崎市東難波町5-2-16
    TEL:06-6481-2181
    URL:https://www.kusunose-dental.com
    ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

© 2015 Kusunose Dental Clinic